絶対融資【必ず借りれる】金融会社情報

即日融資を受けたいのに、金融ブラックが原因でどこからもお金が借りれないと悩むブラックの人がいると思います。

しかし、消費者金融や銀行でのキャッシングは、返済能力等を確かめる審査が行われるため、ブラックとみなされた人がお金を借りることはできません。

どこからも借りれないとなると車金融に手を出す方もいらっしゃいますが、超ブラックの方が現金を調達する方法はそれだけなのでしょうか。

実は自分はブラックではなかったという場合や、もうすぐブラックが解除されるといったケースもあります。

是非この機会に「自分は本当にブラックなのか」「ブラックになった原因は何なのか」確認してみて下さい。

どこからも借りれないといった現状を解決することができるかもしれません。

また、ブラックでも必ず即日で現金調達ができる金融会社も紹介しているので、よろしければ参考にしてください。

ブラックは審査に通らない

過去に金融事故を起こし、新たな借入をすることができない状態を一般的にブラックといいます。

消費者金融や銀行など、お金を貸してくれる金融機関は多く存在しますが、キャッシングをするには必ず「審査」を受けなくてはなりません。

審査は申し込み者の“返済能力”を見極める目的があります。

万が一、返済能力がない人に貸してしまうと、金融業者は貸し倒れのリスクを抱えしまいますし、借りる側にとっても、無理な借入をしないためのセーフティとしての役割にもなっています。

ブラックになる原因は?

金融業者の審査基準は、正式に公開されていませんが、ブラックと見なされると審査に通ることが難しくなってしまいます。

何が原因でブラックになったのかを把握すると、改善することもできるので、お金が借りれない状況を変えることはできます。

自分がなぜブラックになてしまったのか、以下に当てはまるものはないかチェックしてみてください。

  • 長期延滞・返済遅延
  • 申し込みブラック
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 特定調停
  • 自己破産

現在、他社で、長期にわたる延滞やたびたび返済遅延をしている場合、「お金に困っているので返済できない人」と見なされてしまいます。

長期延滞・返済遅延はブラックの中でもとても嫌がられるブラックなので、審査が甘いと言われる中小の消費者金融でも審査に通ることが非常に難しくなってしまいします。

任意整理・個人再生・特定調停・自己破産など、債務整理をされている方も同じく審査に通ることが難しくなります。

債務整理を行っているということは、すでに借金の返済が困難になっているということです。

そこへさらに借金を重ねても返済することが難しいはずなので、必然と返済能力がないと見なされてしまうのです。

そして、申し込みブラックですが、実はこれはあまり知られていないブラックの一つなのです。

申し込みブラックについては以下で説明いたします。

申し込みブラックとは?

申し込みブラックとは、短期間の間に複数社へ申し込んだ人を指します。

どれくらいの期間で何件の申し込みをすれば申し込みブラックとみなされるかは、事実上の決まりもなく金融業者によって異なります。

一般的には【1ヶ月間に3社以上】と言われていますが、これはあくまでも憶測としてしか判断ができないので、短期間で複数の申し込みまたは連続での審査落ちの金融履歴があると、申し込みブラックとみなされる可能性が高いという自覚を持っておくしかありません。

確実に言えることは、事細かな過去のデータは個人信用情報機関に登録され、すべての金融業者がその信用情報を共有しているということです。

申し込みブラックは金融事故の中でもまだ軽い段階ではありますが、ほとんどの金融業者が申し込みブラックに対して、「短期間で複数社へ申し込むほど金銭の余裕がない人」とマイナスのイメージを持っています。

そして、申し込みブラック加え別の金融事故がある場合は、更に審査には通りにくくなってしまいます。

ブラックではない場合は何が原因?

ここまでは、ブラックになる原因を見ていただきましたが、中にはブラックではないのに審査に通らない方もいらしゃると思います。

では、なぜブラックではないのに審査に通らないのか。

以下を見て当てはまっているものはないか、チェックしてみましょう。

虚偽申告や申告に誤りがある

審査を受ける際、審査に通りたいがあまりに嘘をついてしまう人もいますが、すぐにバレてしまいます。

他社での「申込履歴」「契約内容」「借入額・返済状況」などの信用情報は、個人信用情報機関に全て記録されており、各金融業者に共有されることになります。

他社借入状況を偽って申告したとしてもすぐにバレてしまうのです。

  • 氏名や年齢
  • 年収や収入
  • 勤続年数(勤続期間)
  • 他社借入件数(他社借入残高)

以上の項目は嘘や誤りのないようにしてください。

虚偽申告には何のメリットもなく、それ以上にバレたときのリスクは大きいものです。

また、虚偽申告は場合によって、詐欺罪に問われて人生を棒に振ってしまう危険性もあるので絶対にやめましょう。

安定収入を得ていない

安定収入は、申し込み時に記載した勤務先情報を元に判断されます。

  • 勤続期間
  • 雇用形態
  • 業種/職種
  • 会社規模
  • 年収金額

上記の項目の中で重要なのが、勤続年数です。

例え年収が高くとも、収入が途切れていたり、収入額が上下する人は安定収入とみなされません。

極度に収入が低いわけでなく、同じ勤務先で働き続けていれば、安定収入と見なされるのです。

パートやアルバイトでも安定した収入があればお金を借りれる見込みはあります。

借入総額が年収の1/3を超える

金融業者には、過度な借入れから消費者を守るための、総量規制という規制があります。

総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を貸金業者から借りることができないことを定めた貸金業法です。

例えば、年収300万円の方が借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

総量規制の対象となる貸付けは、貸金業者の貸付けです。

貸金業者に該当しない銀行などが行うローンや、信販会社の販売信用(ショッピングクレジット)は総量規制の対象にはなりませんが、消費者金融からの借入はもちろん総量規制の対象となります。

総量規制、年収の1/3を超える借入は絶対にできません。

もし借入ができたとしたらそれは闇金業者なので注意してください。

他社借入件数が多すぎる

総量規制に引っ掛からなくても現在借入先が3社以上ある人の場合、新規での新たな借入が難しくなります。

金融業者によっては3社以上の借入がある人には、お金を貸さないといったルールもあります。

全部完済していても審査に落ちる場合は、まずは解約をしてください。

借入可能枠は実際に借りているとカウントされるので、審査基準が厳しくなっています。

借りてもいないのになぜカウントされるのか、それは借入枠があるといつでも利用する可能性があるからです。

解約をしたくない人は、新たな借入先での新規契約はやめて、契約中の金融業者から借りれをした方がいいですよ。

ブラックになると信用情報機関に登録される

返済が滞った場合や破産が生じた場合など、ブラックになると事故情報や延滞情報として金融機関の個人信用情報に登録されます。

この登録された状態を「ブラックリストに載る」と表現されます。

ブラックリストに登録されると、キャッシングや新規のクレジットカードが発行できなくなり、ショッピングローンや自動車ローン、住宅ローン」などの利用も一定期間制限される事になります。

3つの信用情報機関の違い

個人信用情報機関は、JICC(日本信用情報機構)、CIC(シーアイシー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあります。

JICC(日本信用情報機構)は、消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などが加盟しています。

CIC(シーアイシー)は、クレジットカード会社、信販系会社、消費者金融が加盟しており、KSC(全国銀行個人信用情報センター)は、銀行系の住宅ローンや銀行カードローンなどが記録されています。

申し込みをした金融業者が加盟している個人信用情報機関がそれぞれ違っていたとしても、信用情報は共有されるため金融事故を起こすとすぐにバレてしまいます。

信用情報ブラックの状態から回復するためには、金融事故情報の履歴が消える必要があります。

ブラック状態の期間

一度ブラックになると、一生ブラックのままといったわけではありません。

信用情報には保管期限があり、ブラックである期間は5年~10年です。

そして、返済延滞や債務整理などブラックになった原因や、JICC、CIC、KSCと個人信用情報機関ごとに、金融事故情報の登録期間は異なります。

ブラックリスト掲載条件 JICC CIC KSC
61日以上延滞 1年 5年 5年
3か月以上連続延滞 5年 5年 5年
強制解約 5年 記載なし 5年
任意整理 5年 5年 5年
個人再生 5年 5年 10年
自己破産 5年 7年 10年
代位弁済 5年 記載なし 5年

※表中の年数はすべて最長です。

社内ブラックの人は融資を受けられない

社内ブラックとは、特定のクレジットカード会社内だけでブラックになっている状態を指します。

個人信用情報機関の信用情報は5年~10年で消えますが、社内情報は永久に保管されています。

例えば、三井住友VISAカードの支払い延滞により強制解約となった場合、三井住友カード会社の社内ブラックとして無期限で登録されるため、三井住友VISAカードを再度作るのは難しくなります。

そして、社内ブラック情報はカード会社のグループ会社に情報共有されるので、グループ会社が発行するクレジットカードに申し込みした場合も審査通過できない状態となります。

債務整理を検討しよう

多額の借金を滞納・遅延していいたり、借金の返済が厳しいのであれば、債務整理を検討することも必要ですよ。

債務整理をすると借金の負担が軽減されて、安定収入が確保すれば生活が再び軌道に乗り、精神面の負担も無くすことができます。

手続きは自分で行う必要はなく、弁護士や司法書士などの専門家が代わりに行ってくれますし、債務整理の中でもどの種類を選べば良いのかも教えてもらえますよ。

また、債務整理の費用は分割払いや後払いが可能なので、借金減額の浮いた支払利息で支払うこともできます。

債務整理の電話相談は、土日祝日や夜間でも無料です。

現状を専門家に話すだけでも状況が変わるかもしれないので、一度電話相談をしてみると良いですよ。

ブラックでも借りれる消費者金融

審査基準は業者により様々なので、1社落ちたからと言って他社の審査にも落ちてしまうと決まったわけでもありません。

大手消費者金融や銀行の審査に通ることはできなくても、中小の消費者金融なら審査に通る可能性はまだあります。

中小の消費者金融は、大手や銀行と比べ審査が柔軟になっており、ブラックでも借りやすくなっています。

また、地域密着型の業者は、地元の方に対して審査が甘い傾向があります。

中小の消費者金融は大手や銀行よりも知名度は低くなりますが、大手、銀行に引けを取らない、全国対応・来店不要・即日融資可能な優良な業者もたくさんありますよ。

中小の消費者金融で借りれなかったら車金融

大手・銀行に続き、中小の消費者金融でも借りれなかった場合、皆さんが最後の砦として考えるのが車金融だと思います。

車金融とは、所有している車を担保にしてお金を借りる方法で、ブラックでも担保にする車さえあればほとんどの場合でお金を借りる事ができます。

ですが、車金融にはデメリットやリスクが多いため、利用することはお勧めできません。

車金融のデメリット・リスク

車金融を利用する前に、デメリットをもう一度見直してみて下さい。

  • 手数料が高い
  • リース料がかかる場合も
  • 借入中も保険や税金は利用者負担
  • 車を失うリスクが高い
  • 金利が高い
  • 実際の融資額は少ない
  • 融資額以上の返済の恐れ
  • 悪徳業者が多い

こんなにもたくさんのデメリットがあるのです…。

「それでも車金融を利用する!」というのであれば別ですが、軽い気持ちで車金融は利用しない方がいいですよね。

それに、本当に車金融だけがお金を借りる最後の砦なのでしょうか。

視点を変えてみると、まだ他に方法が残っているかもしれませんよ。

借りる以外の現金調達法

お金を借りる以外の現金調達法?それって手続きが面倒では?

そんなことはありません!

七福神の給料ファクタリングのサービスなら、消費者金融での即日融資に代わる現金調達が簡単にできます。

給料ファクタリング「七福神」の口コミ評判!ブラックでも即日現金化!

全国に対応していることはもちろん、超ブラックであっも仕事をしていて収入があれば、誰でも即日で現金を調達することが可能です。

給料ファクタリングは国内ではまだ聞きなじみがないと思いますが、ファクタリング発祥の国のイギリスではこの給料ファクタリングのサービスが広まっており、今、日本でも新しい資金調達のサービスとして注目されています。

借金をしないで現金調達ができる画期的なサービスですよ。

給料ファクタリングとは?

ファクタリングの魅力は、本来支払期日にならないと入金されないお給料を利用者様の好きなタイミングで現金化できることです。

簡単に言うと、お給料というのは締め日まで1ヵ月間働き、支給日にお給料として支払われるのが通常で、締め日までしっかり働いた方には、その対価としてお給料を会社から払ってもらう権利(給料債権)が発生します。

その権利(給料債権)を、七福神が利用者の必要な金額に応じて現金で買い取るという流れになります。

簡単に言えば、給料債権(貰う予定の給料)を七福神に売って、現金に換えるということです。

七福神の給料ファクタリングのメリット

まず、なぜブラックでも必ず即日で現金調達ができるのか。

それは、七福神の給料ファクタリングはあくまでも給料債権を売る、つまり売買契約であり、お金を融資する貸金業者とは全く異なるものです。

なので、過去の借入情報や申し込み情報など、金融機関の個人信用情報に登録されている金融事故情報の履歴は一切チェックされることはありません。

もちろん借金ではないので、利息もなければ総量規制も対象外となっています。

そして、給料ファクタリングを利用しても、借入れデータとして信用情報の履歴に残る心配もありません。

また、お勤め先の会社にはもちろん、誰にも知られたくないという方のために、「利用者と七福神」による2者間での契約によるサービスも行われているので、第三者に給料ファクタリングの利用が知られることはありません。

お給料の範囲内での現金化で、キャッシング・ローンのように借金がふくらむ心配もないので、後の生活が苦しくなることもありませんよ。

まとめ

ブラックになる原因やブラックの期間はいつまでなのか。

それを知るだけで、どこからも借りれない現状の解決ができるかもしれません。

そして、お金を借りる借金だけが、現金を調達する術ではないことを知っておいてください。

  • 給料の前借りをしたいが断られた…
  • 急用でどうしてもお金が必要…
  • ブラックが原因でどこからも借りれない…
  • 今だけしのげれば…

こんなお悩みの救世主には、七福神の給料ファクタリング!!

「お金を借りることなく」資金繰りの改善を期待できる、非常に低リスクの現金調達法です。

是非一度、借金以外の現金調達法の「七福神の給料ファクタリング」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

借金のように利息も発生しないので、生活が先々苦しくなる事もありませんし、何より安心・安全に利用することができますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする