埼玉県で車金融から借りるときのコツ!車担保融資は価値を知っておこう!

まず最初に車金融とは、車を担保にお金を借りることのできる金融会社です。

車金融は、換金性のあるもの(ブランド靴や時計)をお店に預けてお金を借りる質屋と違い、手元に車を置いたままお金を借りることのできる乗ったまま融資ができます。

乗ったまま融資は業者に車を預ける必要がないので、通勤などで車が必要な方でも日常に支障をきたすこともありませんよ。

そして、消費者金融や銀行と違い審査がとても甘くなっているので「在籍確認不要」で「金融ブラックの方」でも最短即日でお金を借りることができます。

在籍確認不要でブラックの方でも借りれることから、埼玉県でも車金融を利用される方はとても多いです。

ですが、自分の車の査定額を知らずに申し込みをすると、思ったよりも融資額が少なかったり、融資金額の交渉をスムーズに行えずに即日でお金を借りることも出来ません。

そういったことから損をしないためにも車金融を利用する前に、自分の車の価値を知っておくことはとても大切なことです。

車担保融資を申し込む前に車の価値を把握しよう

車金融でお金を借りる前に最も大切なことは、自分の車の価値を知っておくことです。

車担保融資でお金を借りれる金額は、車の査定額次第になります。

査定方法はどの業者も中古車買取査定の基準と同じです。車査定額の5割から7割程度が一般的な融資額となってきます。

例えば、査定額が100万円の車だと50万円~70万円になります。

そのため、中古車買い取り金額を知っておけば融資金額の交渉もスムーズに行え、借りるより売ってしまう方がいい場合もたくさんあります。

無料査定はこちら⇒カーセンサー.net簡単ネット査定

トラックや重機はこちら⇒トラック王国

スマホで年式と車種と走行距離を入力するだけで、わざわざ来店することなく簡単にたくさんの査定から最高額を知ることができますよ!

大切な車を担保にするわけですので、損をしないためにも必ず事前に自分の車の価値を知っておいてくださいね。

スポンサードリンク

埼玉県からでも申し込み可能な車金融

以下では埼玉県からでも申し込み可能な車金融を紹介します。
いずれも貸金業登録のされた正規の業者なので安心して申し込みすることができますよ。

地区 車金融会社
北海道
東北
関東
アールズ
ナルト株式会社
オーテック
エクセル・コーポレーション
中部
関西
アート・ファイナンス有限会社
マルユー
株式会社アーバンライズ
中国
四国
九州
有限会社アトム・コミュニケーションズ

車金融には闇金業者が多く潜んでいます。

闇金に申し込んで車を担保にお金を借りてしまうと、融資額はもちろん適当な査定で実際の価値以下しか借りれず、何度か返済させて元金を回収できた途端すぐに車自体を奪われてしまいます。

くれぐれも闇車金融には騙されないように注意してください!

車金融のメリット

消費者金融や銀行でお金を借りる際に、必ずと言ってもいいほど勤務先への連絡されます。

これは、申し込み時に申告した会社に勤めているかを確認する在籍確認を行うためです。

埼玉県にも消費者金融はたくさんありますが、在籍確認は必ず行われます。

ですが、車金融なら在籍確認不要でお金を借りることができ、保証人も不要で一人で融資を受けることができます。

なので、周りに金融会社の利用がバレる心配は一切ありません。

そして車金融は消費者金融のような信用情報だけで行う審査ではないので、金融ブラックの方でも借りやすくなっています

個人の信用情報よりも、車の価値(査定)が重要視されるので、車に価値があればほとんどの場合で価値の分だけお金を貸してもらえます。

また、最低融資額が1万円や5万円からの業者が多く、少額融資にも対応しているので、必要な分だけの借り入れをすることができます。

埼玉県対応エリア

さいたま市、さいたま市西区、さいたま市北区、さいたま市大宮区、さいたま市見沼区、さいたま市中央区、さいたま市桜区、さいたま市浦和区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市岩槻区、川越市、熊谷市、川口市、行田市、秩父市、所沢市、飯能市、加須市、本庄市、東松山市、春日部市、狭山市、羽生市、鴻巣市、深谷市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、桶川市、久喜市、北本市、八潮市、富士見市、三郷市、蓮田市、坂戸市、幸手市、鶴ヶ島市、日高市、吉川市、ふじみ野市、白岡市、伊奈町、三芳町、毛呂山町、越生町、滑川町、嵐山町、小川町、川島町、吉見町、鳩山町、ときがわ町、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町、東秩父村、美里町、神川町、上里町、寄居町、宮代町、杉戸町、松伏町など全ての埼玉県エリアに対応しています。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする