セカンドキャッシングは闇金融【口コミ・評判・被害対策】

セカンドキャッシングは闇金

ショートメッセージを送りつけてLINEへと誘導する「セカンドキャッシング」は闇金です。

スマホやパソコンで「ブラックでも即日融資」や「スーパーブラックでも借りれる」などと検索をすると出てくる「闇金が運営するニセ金融サイト」あるいは「偽キャッシング一括申し込みサイト」に騙されて申し込みをしてしまったのではないでしょうか。

そのようなサイトへ申し込むと「セカンドキャッシング」のような怪しい業者から頻繁にメールが届くようになります。

詳細情報
業者名 セカンドキャッシング
※他にも別の名前を名乗っている可能性があります。
LINEアカウント名 お客様サポートセンター
電話番号 07084460248(070-8446-0248)
メールアドレス

以下、手口や対策・解決方法を公開しています。ご注意ください。

闇金融は申し込むだけで危険です

闇金セカンドキャッシングのLINEメッセージ

セカンドキャッシングのLINEメッセージです。
画像に触れると拡大表示されます。

セカンドキャッシングのLINEアカウントを友達追加すると、堂々と融資条件を提示してくるだけでなく、指示通りに「借入希望」と送信すると個人情報と本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、住基カード、保険証、顔写真)の要求をしてきます。

まだお金を借りていなくても、送ってしまった情報や書類等で名前・住所・電話番号・勤務先・緊急連絡先、等を知られたまま放っておくのは危険です

申込後は断るだけでも「キャンセル料」「審査料」などの名目で金銭の要求をされ、放置すると「自身への嫌がらせ」だけでなく「職場や身内への被害拡大」更には「SNSやネットの掲示板に晒されていた」なんて被害例もよくあります。

例え要求通り支払っても解決には至りません。むしろ「いいカモ」と思われてしまい次々に理不尽な理由で金銭を要求され、借りてもいないのに闇金地獄から抜け出せなくなります。

個人情報を送ってしまった方は即座に“闇金に強い専門家”へ相談してください。

≪相談無料 24時間受付 全国対応≫ウイズユー司法書士事務所

≪女性専用相談窓口≫ウイズユー司法書士事務所

まだ被害に発展していなくても、手遅れになる前に、まずは無料相談を利用して現状をお伝えください。

被害前に対応策を知ることが大切です。

闇金である「セカンドキャッシング」は専門家へ対応してもらいましょう。

取り立てや嫌がらせの被害に遭っている場合でも、闇金問題は専門家が対応することで最短即日で解決することができます。

闇金融「セカンドキャッシング」の口コミ・評判

もちろんまともに融資が受けられるなんて情報はありません。

希望通りにお金が借りれるどころか、

  • 10万円などの大口は「実績を作ってから」と初めは2~3万程度の小口融資しか受けられない
  • 手数料や利息を引かれて実際に振り込まれるのはわずか数千円ほどがほとんど
  • 7~10日間の短期支払いサイクル
  • 高額な利息のため少額でも返済が困難になる
  • 何度返しても大口の本融資は受けられない
  • 完済日に連絡が取れなくなり返済をさせてもらえない。延滞扱いで利息を上乗せされる
  • 「確認ができない」と言われて同じ返済を請求される
  • 完済が近づく度に押し貸しをされ取引が終わらない
  • 返済ができないなら闇バイトで稼げと言われ詐欺に加担させられる
  • 返済が遅れたり少しでも連絡が取れなくなると勤務先や家族へも昼夜問わず回線がパンクするほど大量の取立て電話やFAXがくる

等々、このほか様々な闇金手口で被害を受けることになってしまいます。

闇金問題を専門家へ相談する理由

「悪いことは警察に相談」と誰しもが真っ先に思うはずです。もちろん警察への相談も大切で間違ってはいません。

しかし闇金問題は「民事不介入」を理由に深く介入してもらうことができません。

つまり警察へ相談しても解決してもらえません。

申し込みや着信があるだけだと「被害未然」と判断され被害届すら受理されない場合や、受理するだけで動いてくれないことがほとんどです。警察は肉体的な被害がないと動けません。

せいぜい「セカンドキャッシング」へ電話をしてくれる程度で終わり、当然、被害が止むことはなく、むしろ警察へ相談したことにより嫌がらせが酷くなることも。

警察は捕まえるのが仕事で解決するのが仕事ではありません。

解決ができるのは経験豊富な闇金問題の専門家なのです。

専門家選びも大事

単に司法書士や弁護士なら「誰でも」「どこの事務所でも」いいという訳ではありません。

闇金融へは専門家が持つ権利を適切に活用し交渉をしなければなりません。

そのため常日頃から闇金対応をしている、つまり闇金のエキスパートに相談する必要があります。

普段「債務整理」や「相続問題」などの案件しか行っていない法律家に依頼をしてしまうと、対応方法がわからず、解決どころか交渉が決裂して被害が拡大する恐れがあります

そもそもそういった事務所では闇金相談自体、受付をしていないことがほとんどです。なぜなら、掲示板や口コミなどに事務所の悪評を流されたり、自分や家族まで巻き込まれることもあるからだそう。

≪相談無料 24時間受付 全国対応≫ウイズユー司法書士事務所

≪女性専用相談窓口≫ウイズユー司法書士事務所

上記は味方になってくれる闇金に強い専門家です。

対応実績多数で豊富な経験から最短即日で誰にもバレすに解決することが可能です。

実態は闇金である「後払い・ツケ払い現金化」「給料ファクタリング」「個人間融資」「SNS闇金」の被害も対応可能です。

セカンドキャッシングが闇金融である証拠

証拠は単純な話で「貸金業登録されていないから」です。

まず貸金業を営むには、当然ながら国や各都道府県からの許可が必須で、無許可で金貸し等をしている業者を“闇金融”と呼びます。

しっかりと許可を得ている正規の貸金業者は必ず金融庁の【登録貸金業者情報検索】ページで登録情報を確認することができます。

もうおわかりだとは思いますが、セカンドキャッシングは検索をしても出てきません。

登録貸金業者情報検索結果

↑こちらが検索結果です。これだけで闇金融確定なのです。

無登録の電話番号

融資の広告や勧誘に使用する電話番号は登録済みの番号でしか行えません。これは貸金業法(法律)によって定められています。

念のため、この業者が使用している電話番号「07084460248(070-8446-0248)」も検索してみます。

登録貸金業者情報検索結果

やはりこちらも検索結果には出てきません。

くれぐれも違法金融には注意し、申し込まないようにしてください。

お金は必ず正規業者から借りるようにしましょう。

状況に合わせた最適な消費者金融

こちらでは状況別に最適なおススメの消費者金融を紹介しています。

よければ参考にしてください。

このページへのコメント一覧

タイトルとURLをコピーしました